• 〒355-0062埼玉県東松山市西本宿1859-1-2F
  • お問い合わせ電話番号

※矯正のご相談は無料です。

menuI

11歳までに治療を開始する理由

11歳までに治療を開始する理由

子供の歯並び・かみ合わせの治療は

7歳~11歳前後の混合歯列期(大人の歯と子供の歯が混在している時期)に行います。
永久歯に生えかわる際に歯がきれいに並ぶように誘導します。

この時期が過ぎてしまうと、永久歯が生え揃ってしまいます。

すると

  • ・治療期間が長くなってしまう
  • ・取り外し式の装置ではなくなってしまう
  • ・抜歯しなくてはいけなくなる可能性が上がる
  • ・費用もかかる
    (一般的に2倍。当院の例で言うと31万5千円→60万~)

といったデメリットが出てきてしまいます。
特に思春期のお子様にとっては、「寝ているときだけの装置」で「短い治療期間」で治療できるのは大きなメリットではないでしょうか?

具体的な子どもの矯正の開始時期は?

成長期を利用する治療なので
早くから始めるに越したことはありません。

下のおとなの前歯4本と上のおとなの前歯2本が生えてきた頃がちょうど良いです

女の子6才~10才 男の子7才~11才

開始時期はこの間であれば改善が見込めます!

男の子、女の子のあごの骨の成長の違い

女の子のほうが男の子よりも早く始まり早く終了します。

歯の生え変わりが終了する時期は?

上あごのほうが早くピークを迎え、下あごの成長は長く続きます。
成長を利用してピークまでにお子様の矯正治療を行います。

メリット~まとめ~

治療開始時期が早い事のメリットは計り知れませんが、代表的には以下の可能性が高くなることが挙げられます。

  • ・歯を抜かないで済む
  • ・より理想的な歯並びを実現
  • ・思春期にきれいな歯並びになる
  • ・将来の虫歯の予防
  • ・低料金で済む
    (当院では小児矯正は31万5千円となっております)

詳しい矯正歯科治療について

矯正歯科診療カレンダー

2017年 7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

休診日

診療時間

10:00 - 13:30
15:00 - 19:00
  • 休診日 : 火曜・日曜・祝日
  • ※月に一度、日曜矯正も開催中
pagetop
Copyright©トリス矯正デンタルクリニック|東松山の歯科クリニック All Rights Reserved.